身体能力の高い選手の特徴 ④連動性

『強いシュートを打つ選手』
『速い球を投げる選手』
『高く跳んだり、遠くに跳べる選手』
『長いシーズンを怪我なく出場し続ける選手』

これらの選手たちは共通して、全身をダイナミックにかつ連動させている特徴があります。

パフォーマンスを高めたり、怪我を予防する上で【全身の連動性】は重要な要素となっていきます。

なぜ、全身を連動させた方がパフォーマンスが高まり、怪我をしにくくなるのか。

今回は身体の連動性のメリットについてお話しいたします!

【連動性のメリット】

①発揮できるパワーの向上

人間の動きには、運動連鎖という動きの原理・原則があります。

一つの関節や筋肉が動くと、隣接した関節や筋肉も連動し、それが連鎖的に全身へ波及していくことをいいます。

運動連鎖の一例
身体の動きは、一部が動くと全身に波及される。

様々なスポーツ動作において、一つの筋肉や関節だけで動くよりも、より多くの筋肉や関節が連動してくれれば、より最大限の力を発揮しやすくなります。

柔軟性に加えて、全身が連動し身体操作能力を鍛えることで、より効率的に爆発的な力を発揮することが可能となります!

より大きな力を発揮するためにも、全身の連動性は非常に重要。

②怪我の予防につながる

ある動作に対して、全身の関節や筋肉が連動することで動作時にかかる負荷を分散させることができます。

しかし、動作に対して連動している部位と連動していない部位が存在すると、動きの中にひずみが生まれ、そこへ負担が集中し怪我につながります。

連結部位の動きが不足すると、隣接する連結部位は大きな可動性を要求される。
身体の動きも同じことが言える。

③アジリティ能力(俊敏性)向上

アジリティ能力を向上させるためには、瞬時に爆発的な力を発揮できるよう動きを制御しなければなりません。

そのためにも、前述したように全身の連動性が求められていきます。

特にターンする直前の減速から再加速するまでの間は、身体に物理的な力(慣性力など)が働き、姿勢が崩れやすくなり次のステップが踏めず、素早いターンを行うことが難しくなります。

全身が連動することで物理的な力による姿勢の崩れを防ぎ、次の一歩目への力を発揮しやすくなり、アジリティ能力向上につながります。

相手をかわすなどのプレーをトップスピードで行うためには、全身をしなやかに連動させて動きを制御できる能力が要求される。

このように全身を連動させる操作能力を獲得することにより、得られるメリットは多くあります。

適切に体を動かせるようになったら、全身が連動して動けるようにトレーニングを行なって行きましょう!

トレーニング依頼はこちらから!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中