L-Tra Vol.21 -脊柱柔軟性改善トレーニングver.3-

人の背骨は前後への曲げ伸ばしだけでなく、横方向へたわむこともできます。

背骨の構造の特性上、横方向への柔軟性を高めることで、上半身が捻りやすくなります。

上半身が捻りにくい場合は、横方向への柔軟性を高められるトレーニングを行ってみましょう!

上半身や下半身と連動して動かすことでより効果的に背骨の柔軟性を高めることができます!

★トレーニング方法★

①下側の肘と下側のスネの外側で支えながら横向きになる。

②下側の肘と膝で支えながら上側の肩甲骨を天井に向けて押し上げ、同時に上側の手足を伸ばす。

※この時、下側の手のひらを天井に向ける。

③下側の脇腹を床につけるようにしながら体を下へたわませ、上側の肘と膝をくっつける。

※下側の手のひらを床面に向ける。

上半身・下半身の動きとあわせて背骨を動かすことを意識しながら左右10回を目安にチャレンジしてみましょう!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中