L-Tra Vol.19 -脊柱柔軟性改善トレーニングver.1-

腕や脚を高い負荷で鍛えても競技中にその効果をうまく発揮することができな場合も多々あります。

人の動きは、滑らかに全身が連動することで最大限の力が発揮することができます!

そのため、競技中に最大限の力を発揮するためにも、腕や脚と連動して背骨を動かすことも大切な要素となっていきます。

腕や足の動きとの連動性を意識した中でしっかりと体全体が動かせるようにトレーニングしていきましょう!

★トレーニング方法★

①膝を立てて仰向けになり寝る。両腕は身体の横。

②アゴを引き両手を踵まで伸ばしながら、おへそを覗き込むようにして上体を起こす。

※背骨一個一個を丸めていくイメージで動かす。

③背骨一個一個を丸めるイメージで上体をおろしていく。

④脚を持ち上げ、上体を丸めてつま先を床につけるようにする。

⑤ゆっくりと脚を下ろす。

※背骨をしっかりと丸めながら行いましょう。

背筋が伸びていればOKです!

まずは、5回を目安に実施しましょう!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中