ターン動作

ターン動作は各スポーツにおいて重要な動作となります。
ただ真っ直ぐ走るだけでなく、素早く動くには素早く向きを変える能力も必要になります。
ターン動作のポイント
①最後の切り返しの外脚は地面に対して斜めに(大きく)接地する。
−次の内脚を着く際に、接地面(外脚)に対して重心が遠くにある方が身体は倒れやすく、内脚の接地が早くなる。
−床反力の向かう先を次の進行方向に向けられる。
※床反力:接地面を押せば、地面から押し返される力が返ってくる
この2点のメリットがある。

 

②内脚が着く前に身体は次の進行方向を向く

身体は倒れた方向に脚が自然と出る。

次の進行方向に身体を傾けることで、内脚を早く出しやすくなる。

ターン.001

ターン動作を速くするには 

①地面からの反力(床反力)に対して関節が構造的に安定している事

②外脚が着いている時に身体を大きく捻る柔軟性

③外脚を大きく踏み出せる(①②とのバランスも必要)

以上、3つが必要です。

 

そして、それを可能にポイントが

①関節安定 ②脊柱柔軟性 ③連動性

になります!!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中