ストップ動作

スポーツにおいて止まる動きは非常に大事な動きになります。

例え速く動けても止まる技術が不十分では早く動き出すことができなくなる。

 

ストップ動作には2つの止まり方があります。

①予測して止まる動き(数歩で止まる)

②予測できない状況で止まる動き(急ブレーキ)

 

①予測して止まる動き(数歩で止まる)

減速時には前方へ慣性が働くため、急減速時には身体は前方に煽られる。

身体を起こし後方への力を働かせることで、煽りを少なくなるようにしている。

重心を後方に残し、重力で前方への慣性を相殺するため筋肉を必要以上に使わない止まり方になる。

止まるまで時間はかかるが止まった後の次の動き出しは早くなる。(筋への負担も少ない)

※2名の選手の違い

上の選手は減速を3歩で行っている。下の選手は減速を2歩で行っている。

bure-ki.001

②予測できない状況で止まる動き(急ブレーキ)

身体を起こす時間的余裕はないため、身体は前方に煽られやすい。

そのため重力を利用して止まる動きは難しくなるため、前方への煽りを筋肉により止める必要がある。

膝が前方に出ないように止まることで、股関節後面の筋肉を使い、止まることができる。

 

プレーでは①②両方とも必要になり、それぞれでの必要な身体の機能は異なってくる。

どちらの動きが苦手かを理解し、必要なトレーニングをしていきましょう!!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中