身体操作能力−連動性−

②脊柱と腕・脚の連動性

o0594039614224757622

体幹を回旋する時に、腕と脚も連動して動きます。

その連動性が滞ることなく、末梢に力が伝わることでエネルギーのロスがなくなります。

o1024076814224759034

例えば、身体を右に捻った時に右足では、足裏の外側に体重が乗ります。

なんらかの原因で右足関節の動きが悪く右足の内側に体重が乗る場合、上位の関節では体重を右足に乗せるために補う動きをします。

 

この本来の連動性が損なわれた動きは、他の関節で補うことになり、動きのロスになります。

 

どんなにイメージ通りに動こうとしても、関節が正しく動かなければ身体の動かし方を改善してもどうしようもないということで。

o0809054014224141168

体幹と四肢は必ず連動して動きます。

この連動性は全て、関節の動きで決まります。

 

動かない関節を無理やり動かそうとしても、かばった動きをするだけ。

 

脊柱を自由に動かせるようにするためには、各関節が正常な動きをしていることが前提となります!!

––––––––––

トレーニングご希望はこちらまで

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中