L-Tra Vol.6 -股関節安定化トレーニング Ver.2-

本日は、股関節安定化に欠かせないもう一つの筋肉のトレーニングについてご紹介します!

今回のトレーニングのターゲットは股関節外旋筋(お尻の奥にある筋肉)です!

この股関節外旋筋は股関節のインナーマッスルと言われ、姿勢を支える上で最も重要な筋肉と言われています!

しかし、日頃から猫背など崩れた姿勢で生活を送ってしまうと、股関節外旋筋に力が入りにくくなってしまい他の筋肉で無理に体重を支えようとし、骨盤や膝関節の歪みを助長してしまいます。

そのままの状態を放置していると、力が入りにくくなるだけでなく、腰痛や膝関節などの痛みに繋がることも…

姿勢を支える上で重要な筋肉が働きやすい身体の環境に整えることが大切です!

★トレーニング方法★

①鍛えたい足を上にして横向きに寝る。

②股関節は約90度、膝関節は約45度曲げた姿勢をとる。

③両方のかかとを離さないようにしながら、上の膝のみ持ち上げる。

お尻やおへそが後ろに回転しないように注意しましょう!

どうしても回転してしまう方は、上の手で床を押し付けるように力をいれると体を支えやすくなり膝が持ち上がりやすくなります。

お尻の奥に疲労感が出てくればトレーニング成功です。

10回を目安に複数セット行いましょう!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中