片脚リーチテスト

胸の前で腕を組んで、片脚スクワットをします。

そのまま対側の脚を遠くに伸ばしていきます。

その距離を脚の長さ(SMD)で補正します。

 

その数値が大きい人ほどパワー(立ち幅跳び・バウンディング)アジリティ(Tテスト・プロアジリティ)との相関があります。

 

パワーと敏捷性を向上させるには片脚での支持力が重要であることが示唆されました。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中