カラダレベルを上げる3つのconcept

①関節安定性

②脊柱柔軟性

③連動性

私たちが提供するトレーニングは、ただ柔らかくする、ただ筋肉をつけるということではなく、動ける幅を広げる動的柔軟性の改善、力を入れやすくする筋出力の向上を目指し、パフォーマンス向上を目指します。

関節の安定

まずすべきことは、関節が無理なく支え合い、インナーマッスルが働く状態を作ること。
そうすると無駄な力が抜けて柔軟性が向上し、力を入れやすく怪我をしにくい、しなやかなカラダに近づくことができます。

「柔軟=筋肉をほぐすこと」と思っている人が大半かもしれません。
しかし実はカラダが硬い根本的な原因は筋肉ではないのです。
ある部分の筋肉が硬くなっているということは、その筋肉でカラダを支えているという証拠です。
いくらほぐしても、再び支えなくてはと元に戻ってしまいます。

詳しくは 関節の安定とは?

脊柱柔軟性

地球上に常に存在する重力。私たち人間は、4足歩行の動物よりもその影響を強く受けています。
進化の過程で立位となった人間と重力の関係を良好に保ってきたのが「背骨」。
S字カーブを描くことで重力の抵抗を分散し、カラダを支えています。

詳しくは 脊柱柔軟性とは?

連動性

背骨は、筋出力(力を発揮する力)にとっても重要な存在。腕や脚などの各部位と背骨が連動して動くことで、最大限の力を出すことができます。
湾曲が減少や増大するなどして背骨のS字カーブがくずれると、筋力が発揮できずにケガや疲れやすさの原因にもなります。

適切なトレーニングにより体幹を鍛えることで背骨が安定し、そこから繋がるカラダ全体の筋出力の向上が望めます。

詳しくは 連動性とは?

以上、3つのコンセプトを基にトレーニングを行なっていきます。