L-fit.のTraining conceptの一つである脊柱柔軟性についてご紹介します!

背骨は衝撃(重力・床反力)を分散する機能を持つ

背骨(脊柱)は前から見ると真っ直ぐですが、横から見るとS字のカーブを描いています。

地球上に常に存在する重力ですが、私たち人間は、4足歩行の動物よりもその影響を強く受けています。進化の過程で立位となった人間と重力の関係を良好に保ってきたのが「背骨」です。 

S字カーブを描くことでその重力の抵抗を分散し、カラダを支えていますが、その湾曲が減少や増大するなどしてS字カーブが崩れたり、背骨の柔軟性が低下してしまうと、力を分散させることができないため怪我をしやすいカラダになってしまいます。

脊柱柔軟性を改善することは、疲れにくく、無駄のない動き作りの第一歩になります。