Training Column

動作改善のためのコンディショニング×パーソナルトレーニング

L-fit.はコンディショニングとパーソナルトレーニングによる動作改善で、皆様のニーズにお応えします。

✔︎身体を思い通りに動かしたい
✔︎改善したい動作がある
✔︎パフォーマンスをあげたい
✔︎スクワットをきれいにできるようになりたい
✔︎階段を一段飛ばしで登りたい

スポーツ愛好家からプロアスリート、アーティストなど、利用している方は様々な悩みや希望を持ち、L-fit.に通われています。

L-fit.が目的とする動作の改善には、いわゆる筋力だけでなく、感覚器を活性化することによる動的な安定性が必要となります。
姿勢を安定化させる関節の安定性、柔軟な動きを可能とする脊柱柔軟性、全身の筋肉を連動させることで、本来持っている筋力を最大限発揮することができると考えます。

L-fit.のトレーニングでは、

適切なタイミングで適切な方向に適切に出力することを目指します。

L-fit.の特徴

動作分析のプロ・理学療法士がご対応いたします。
医学的知識を有する国家資格であり、リハビリの現場でも使われる評価方法・治療手技で安全なアプローチを致します。

身体の基本となる『可動性・安定性・動作の質』を改善します。

筋肉本来の粘弾性や張力を獲得することで関節が安定し、その筋肉・関節をコントロールする神経系にアプローチすることで動作の質が改善します。

神経系までアプローチすることで、自身の身体を思い通りに動かすことができます。
また四肢の柔軟性と体幹との連動によって筋出力は向上し、筋肉を効率よく最大限に発揮することができます。

L-fit.のトレーニングでは、

神経系にまでアプローチすることで動作の質を改善すること

を目的とします。

コンディショニング

医療現場でも活かされる理学療法士の治療手技によって、身体の調子を改善していきます。

痛みをかかえ運動ができない方だけでなく、過去の怪我が原因で十分に運動できない方や手術後のスポーツ復帰を目標にコンディショニング+トレーニングをしています。

動きにくい関節や発揮しにくい筋肉の質を改善し、動きが低下している部分に対して、筋肉とその周囲組織との滑走不全にアプローチします。
筋の循環を促すことで可動域や筋出力の改善が見込め、動きやすいカラダになりトレーニング効果の増大を見込めるカラダに整えます。

パーソナルトレーニング

スポーツ医科学による専門的な分析を基に、個々の状態にフィットしたトレーニングを提案致します。

効率的な動作獲得

始めに関節が適切に動くかどうか、適正な可動範囲の中で安定することができるか、そしてそれぞれの関節が連動することができるかを評価します。

評価で得られた問題点に対して、修正エクササイズから始めます。

問題部分を改善し、脊柱を中心に柔軟性の改善を図った上で、正しい動作と正しい運動パターンの獲得を目的とした動作改善トレーニングを行います。

動作改善を図ることで、ストレングストレーニングにおいて代償動作(かばった動き)やエラー動作(異常な動き)なく、最大限の力発揮を可能とします。

身体の使い方を学ぶ

機能(可動性・安定性)改善を図り、効率的な動作を獲得することで、より質の高い筋力トレーニングが可能となります。

効率的な動作獲得には、様々な感覚器に対してアプローチし身体の使い方を学習するため、筋を強化するだけでなく神経系・感覚器にもアプローチしていきます。

そのためトレーニングでは、適切なタイミングで、適切な方向に、適切に出力することに主眼を置き、動作改善に特化したトレーニングを行います。

Training column 一覧

関節安定
脊柱柔軟性
連動性

目的別ストレッチ・トレーニング

足関節捻挫予防
ハムストリングス肉離れ予防
肩関節痛予防
股関節柔軟性改善TR
パワー発揮TR
体幹TR

YouTubeでトレーニング配信中!!